日本の教育システムにメスを。

今日は、都連会長としてメディアで取り上げられることの多かった、 自民党の下村博文氏の政治家としての顔をご紹介したいと思う。 自身も9歳で父親を交通事故で無くした政治家 下村博文議員。 交通遺児、日本育英会の奨学金 その仕組みを作っていくのが、 も…

公園の広さは住居の広さより大切かもしれない

国土交通委員会の質問に立った大西英男氏の話で気になるものがあった。引越しをする時気にするのはもちろん家の間取りや広さだが、 近隣公園の広さや充実具合ももちろん重要な決め手になるかもしれない。 犬の散歩にしても、シートをしていて昼寝でも、なん…

日本の防衛を考える

北朝鮮のミサイル発射を受け、民主党の鷲尾英一郎議員は 自身のブログで持論を展開した。 このミサイルを、北朝鮮の挑発行為とした上で アメリカの「あらゆる種類の軍事力」を使うという言葉が 果たして抑止力になるのかと疑問を呈している。 日本はアメリカ…

混迷深まる移転問題

またもや、豊洲移転問題にさらなる暗雲が立ち込めている。 地下水の再調査で、改めて高濃度の有害物質が検出されたのだ。 もう早期の移転実現は不可能と言えるだろう。 都政出身の大西英男議員は都の税金の使途について国会でも言及している。 地方交付税に…

ばら撒きではない地方創生を考える。

普段、給与明細に記載された所得税住民税をみて、 前年度と比較したり、あるいは所得の何%であるなどと計算することはありますか? 大西英男議員が定義する、地方創生の本来の姿とはいかなるものか。 都民の税金の本来あるべき使われ方について語られる。 地…

オスプレイ飛行開始パイロットの判断は

www.jiji.com 沖縄県沖で、オスプレイが不時着大破の事故を起こして6日。 在日米軍は、機体に問題がないことを結論づけ、 19日飛行を再開した。 15日から、トランプ次期大統領の側近との関係作りを 任務として訪米している河合総理補佐官であるが、 おそらく…

外交の立役者が総理を支えている。

先月の外交といえば、アメリカ大統領選後の 日本とアメリカの安保条約についてがメインだっただろう。 安倍総理訪米前には、河井総理補佐官がトランプ氏とのパイプ作りのために 周辺要人たちとの面会を重ね、首脳同氏の直接会談の土台作りをした。 常に海外…